· 

地方創生をうたう地方に欠ける魅力創りのセンス

岡田充弘です。

 

飲食と買い物しか見どころの無い街が、補助金無しで栄えた例を岡田は知りません。地方創生の文脈でよく言われる「若者に選ばれる魅力ある街作り」的なところで、一番欠けているのがその魅力創りのセンスかなと。

うっとりするような景観だったり、かわいい店の集合体だったり、目を奪われるようなイベントだったり、クスっと笑ってしまうような仕掛けだったり、そういう言葉で表しにくい視覚的・情緒的な創作物をいかに創れるか。ここは間違いなく行政ではなく民間の力、特にクリエイティブ産業に関わる方たちの力が必要です。
 
才能ある若い方には、いつか無くなるルーチン業務や旧態依然とした業界よりも、新しい感性やアイデアを必要とする伸び盛りの仕事や業界にぜひチャレンジして欲しいと願ってます。

 

日々精進